賃貸経営をするにあたって発生する税金を青色申告することで節税できます

賃貸経営においては経費の処理の仕方によってさまざまに節税することができます。ここでは青色申告で確定申告することで得られるメリットについてご紹介いたします。

■青色申告で確定申告すればさまざまな税金上の優遇措置を受けることができます
青色申告とは、賃貸経営する以上必ず必要になる確定申告の一種です。もう一つの申告方法である白色申告の方が申告は簡単にできますが、青色申告の場合、さまざまな税金面での優遇措置を受けることができます。

しかし、その分だけ複雑な帳簿記録方式である複式簿記方式で記帳する必要があるので注意が必要です。

■65万円も税金の控除が受けられる青色申告特別控除

硬貨と紙幣

青色申告のさまざまな優遇措置のなかでも代表的なものに青色申告特別控除というものがあります。複式簿記に基づいて必要な会計帳簿を記帳し、確定申告することで、65万円の控除を受けることが可能です。

具体的には、65万円の経費がかかったことと同じ状態になるので、その分だけ収入から差し引かれて支払う税金を安くすることができます。

■簡易簿記でも青色で申告すれば10万円の控除は受けることができます
青色申告ならば、簡易簿記でも10万円の控除を受けることが可能です。特に、前々年度の所得が300万円以下である場合には、より簡単な現金式簡易簿記で申告しても10万円の控除が受けられます。

時間や知識の問題で複式簿記で帳簿を記帳することが難しい方は、簡易簿記で確定申告を済ませることをおすすめします。賃貸経営にはさまざまな税金上の取り決めがありますが、適切に一つひとつ処理していくことで節税することができます。

ですから、ご自身で調べたり、専門家に相談して賃貸経営に関わる税金について理解を深めることをおすすめします。