賃貸経営において発生する諸々の費用をしっかりと確認しましょう

賃貸経営には、他の事業と同様にあらゆる経費が必要になります。賃貸経営にかかる諸経費を確認し、自分が賃貸経営にかけられる運用資金全体と比較して経営に参入するかどうかの参考にしてください。

■賃貸経営にはさまざまな経費が発生するのであらかじめ多額の資金を用意する必要があります
賃貸経営には経営していくにあたって諸々の経費が発生するので、少なからずまとまった資金が求められます。まず、仲介手数料や不動産登記費用、不動産取得税、各契約書の印紙代、火災保険、ローン利用時の事務手数料などが購入時にかかる経費です。

次に、管理費、固定資産税、修繕積立金、地震保険などが運用時にかかる経費となります。

■不動産物件に関わるあらゆる契約を結んだ時に発生する料金が仲介手数料です
仲介手数料とは、文字通り不動産物件を売買する時、買い手をみつけてくれたお礼や、希望の物件を紹介してくれたお礼として不動産会社に支払う手数料のことです。賃貸物件の契約を無事に結べた際に発生する成功報酬なので、物件の売買や賃貸などの取引が成立しなければ発生することはありません。

また、契約が成立した後も、何らかの不具合や不都合が発生するなどして結んだ契約が無効や取り消しになった場合には仲介手数料も無効になります。

◆仲介手数料に関する価格競争が始まり仲介手数料を割引している会社が増えています
かつては、ほとんどの不動産会社が上限いっぱいまで仲介手数料の料金を設定していましたが、現在は仲介手数料を割引する会社も増えています。必ずしも仲介手数料が安ければお買い得というわけではありませんが、中には半額や完全無料のところもあるので、ホームページや不動産のカタログなどで確認してみてください。

仲介手数料の料金に関しては、法律で上限が定められているので、不動産会社によって際限なく高く設定されることはないものです。上限を超えない限りはそれぞれの不動産会社が仲介手数料を設定できる決まりになっています。不動産物件の表示価格はあくまでも消費税込みの総額表示ですが、仲介手数料は取引する物件の税抜き価格をもとにして計算されるので、注意が必要です。

賃貸経営において発生する諸々の費用をしっかりと確認しましょう

■賃貸物件を適切に管理することで資産価値を維持するために使われる費用が管理費です
管理費とは、文字通り集合住宅やビル、アパートなどの賃貸経営する対象物件の建物を適切に管理するために発生する諸々の費用です。管理費を適切に運用することで、資産価値を維持し、入居者に安全で快適な生活を実現することができます。修繕積立金が建物診断や修繕工事費用として使われることに対し、管理費は普段の設備点検や管理者の人件費、共用部分の清掃と水道光熱費などに用いられるものです。

援用>>賃貸経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

毎日の掃除など、賃貸物件のメンテナンスが適切に行き届いていない場合、物件の人気が下がって入居希望者が募らなくなる恐れがあります。また、日常的な管理を怠った場合には、エレベーターや電灯などの設備の老朽化に気づくことが遅れて、さまざまな事故が起こる原因になります。

管理費とは、家賃とは別に入居者から募る資金です。入居してくれた入居者のためにも、賃貸経営を成功へ導くためにも、管理費は適切に運用するよう心がけましょう。賃貸経営には適切に経営するために発生するさまざまな費用が存在します。その一つひとつを慎重に確認し、実際に賃貸経営する際に費用が足りなくて困ることがないように注意しましょう。